支援部日誌や診療日誌などの日誌も、所属や部門毎にフォーマットを変えて、作成・管理する事ができるだけではなく、健康記録や個人記録などのケース記録と連動し、スタッフの作業軽減に役立ちます。


更にケース記録は「ひやりはっと報告書」等と連動する事で、リスク事項の見落としや報告漏れを防ぎ、高度なサービスレベルの提供をサポートします。

多様なの日誌を一元管理!
 
介護の現場で使われる多種多様な日誌を、統一したインターフェースで一元的に作成・管理することができます。また、アクセス権の設定で閲覧者や編集者を限定する事もでき、適切な情報共有役立ちます。

情報に素早くアクセス!
 
介護スタッフは各自が必要とする日誌を特定する事ができ、情報参照までの時間を短縮します。また、キーワードやカテゴリでの絞込など検索機能も充実。膨大なデータから必要な情報を素早く抽出します。

自動生成機能で
日誌作成の手間を軽減!

勤務者リストや利用者在籍状況、活動予定内容など基本情報になる項目はTaskwareの持つ基本システムやサブシステムのデータから自動的に生成し、日誌作成の手間を劇的に軽減します。



見やすいレイアウトで帳票印刷!
入力されたデータは、見やすいレイアウトで帳票印刷する事ができます。(PDF形式)。また、施設で使い慣れた帳票レイアウトやExcel等のデータ出力にも柔軟に対応可能(カスタマイズ対応)です。

一度の登録で複数の記録を作成!
同じ様な内容の記録を複数のフォームに入力していませんか?Taskwareは一度の入力で日誌や受診記録、個人記録などに同時登録する事ができ、入力の手間を軽減します。