利用者に関する情報は、Taskwareの台帳機能で全てを管理する事ができます。
基本情報、保護者情報やアセスメント票などの登録は勿論、個別支援計画や24Hシートなど介護スタッフが日々行う支援内容については、日誌やケース記録の登録時に計画の確認が行える連動性も備えており、介護業務の充実化に役立ちます。


Taskwareの利用者管理機能は、単なる登録・参照の機能ではなく、日々の介護業務をサポートする役割も持っています。

すべての情報はここから・・・。
台帳機能には、必要な情報はすべてここにあります。基本情報はもちろん、介護記録、看護記録、入浴、排泄や食事のチェックなど日々の記録が自動的に集約されます。利用者の最新プロフィールが一目瞭然!

情報の検索に手間がかかっていませんか?
日々たまっていく情報の管理をシステム化し、データ抽出や集計などを効率化します。もう、膨大に膨れあがったワードやエクセル等のファイルを一つ一つ探す必要はありません。



統計、集計もすぐに表示!
各機関に報告する情報はこちらから集計できます。年齢別、男女別、市町村別、障害程度別などの集計値をボタンひとつで確認することができ、急な問い合わせに即時対応できます。

セキュリティも万全!!
ログイン管理で機能制限!!
システムへは不正アクセス防止の為、ユーザー毎に個別のID・パスワードを使ってログインします。また、ログインしたユーザー毎に、使える機能を限定したり、編集や削除の権限を設定する事ができる等、安全且つ信頼性の高いシステム運用の強力なツールとなります。

アクセス権限でテータの持ち出し防止!!
「ExcelやWord作成した重要なファイルが入ったUSBメモリーをうっかり落としてしまった!!」
情報漏洩の多くは、こう言った日常的に起きてしまう、ちょっとした事が原因で発生しています。

重要ファイルはアクセス権や公開範囲の設定、ダウンロード防止の設定などでデータの持ち出しを制限する事ができます。